新板橋クリニック|緩和ケアセンター
  1. ホーム
  2. 診療のご案内
  3. 緩和ケアセンター

新板橋クリニックの緩和ケアセンターとは要予約

緩和ケアの取り組み

新板橋クリニックの腫瘍センターでは、次のように緩和ケアに取り組んでいます。

ミッション
(目標)
患者様やご家族様が「安心」「満足」して、自宅で生活できるようにすること。
能力

医師・看護師・事務職員、院外薬局が連携して、次のことができるようにしています。

  • がん性疼痛をできるだけ速やかに取り除く能力
  • がん患者様のさまざまな身体的症状(呼吸困難、胸水、腹水、むくみ、食欲低下、だるいなど)の改善をする能力
  • がん患者様やご家族様の苦しみを和らげる能力(スピリチュアルケア)
  • 緩和的化学療法(症状を軽減することを目的として行う化学療法)の能力(腫瘍センターとの共同診療)
  • 24時間電話対応できる能力
  • 訪問・在宅診療を行う能力
  • 訪問看護ステーション、介護ケアサービスとの連携を図れる能力
  • 医師あるいは医療チームと患者様やご家族様の間で病気の共有をする能力
  • 苦しみ、悩みをキャッチして支えになれるよう努力する能力(スピリチュアルケア)
行動
(診療)

医師・看護師・事務職員、院外薬局が連携して、次のことを実践しています。

  • 疼痛緩和治療
  • 生活上の目標を設定
  • 疼痛治療の具体的な手段・方法を知る
  • 病気の状況に応じた薬剤を選ぶ
  • がん治療
  • 患者様やご家族様との病気の共有
  • スピリチュアルケア

緩和ケア診療についての詳細は次の項をご覧下さい。

pagetopへ戻る

緩和ケアセンターの診療内容要予約

疼痛緩和治療

痛みの種類と原因を検討します。

痛みには、炎症の痛み、侵害受容性の痛み、神経障害性痛みの3種類があります。患者様のがん性疼痛が、どの痛みであるのかをまず知ることが必要です。ほとんどのがん性疼痛では、上記の3種類の痛みが混在していますので、どの場所のがんが原因で、どのような痛みがおこっているのかを検討します。

生活上の目標を設定

どのような生活を送るのか、その生活を送るためには痛みはどの程度障害になっているのかを検討します。そして、生活目標を達成できるように、疼痛治療を行っていきます。

疼痛治療の具体的な手段・方法を知る

薬物療法が中心になりますが、病気の状況や痛みの原因によっては、放射線療法やブロック治療、外科的治療なども検討します。

薬物療法は、痛みの種類に応じた薬物を使用していきます。炎症の痛みには、NSAIDsと総称される鎮痛薬あるいはアセトアミノフェンを使用します。侵害受容性の痛みには、オピオイド鎮痛薬(モルヒネやオキシコドン、フェンタニル)、神経障害性の痛みには、鎮痛補助薬(ガバペンなど)を使用します。

病気の状況に応じた薬剤を選ぶ

薬物の経口摂取が困難になる状況が予想される場合は、経口薬は避けるようにしています。貼付薬(デュロテップMTパッチ)を使用しています。

がん治療

がんの進行をゆっくりにすることで症状緩和を得ることができます。副作用がでないようにしながら、化学療法を行います。

がん治療の詳細については新板橋クリニックの「腫瘍センター」をご覧ください。

患者様やご家族様との病気の共有

患者様やご家族様がよりよい治療を受けるには、医師や医療スタッフとの病気の共有が必要です。新板橋クリニックの外来では、患者様やご家族様と面談し、次のことを心がけています。

スピリチュアルケア

がん患者様あるいはご家族様の苦しみを軽くする(なくす)ことを目的としています。

患者様やご家族様が「安心」「満足」して生活するための重要なケアです。

さらに詳しく知りたい方は「新板橋クリニックのお知らせブログ」の「どうやればうまくがん性疼痛が緩和するのか? 」の記事もあわせてご覧ください。

新板橋クリニック 緩和ケアイメージ図
▲患者様やご家族様が「安心」「満足」して生活できるよう努力します。

pagetopへ戻る

緩和ケア実績

新板橋クリニックの緩和ケア実績

新板橋クリニックの緩和ケアセンターでは、年間30名程度の進行がん患者様の治療を行っています。必要に応じて、連携医療機関での放射線療法なども行っています。

ミッション(目標)を実現するためには、きめ細かな対応が必要です。そのため、24時間電話対応できる体制を整え、専任医師が対応しています。

板橋区、豊島区、北区に在住のがん患者様の訪問診療を行っております。また、年間約20から30名程度の在宅看取りを24時間対応で行っています。

新板橋クリニックの連携医療機関

新板橋クリニックでは次の医療機関と連携して、緩和ケアを行っています。

講演活動

緩和ケアについての講演活動も行っています。講演実績はこちら