新板橋クリニック|内視鏡センター
  1. ホーム
  2. 診療のご案内
  3. 内視鏡センター

院長 清水公一ご挨拶

ご挨拶

新板橋クリニック 院長清水公一咽頭、食道、胃、小腸、大腸などの消化管疾患の診断のため内視鏡センターを開設しました。

特殊波長の光をあてて、血管の異常を認識することでがんを発見することが可能なNarrow Band Imaging(NBI)を搭載した内視鏡光源装置とハイビジョン内視鏡を採用しています。喉頭がん、食道がん、胃がんの「超早期発見」に威力を発揮いたします。

「楽に」「安心して」「満足して」内視鏡検査を受けていただくため、食道・胃内視鏡検査、大腸内視鏡検査ともに、「鎮静下無痛内視鏡検査」を行なっています。

検査後お休みいただくベッドスペースがあり、リラックスして内視鏡検査を受けていただけるセンターです。

外来では、画像表示システムを採用しているので、検査内容を連続写真で確認しながら説明を受けることができます。
尚、内視鏡検査は予約制となっております。詳しくは、ご予約についての項をご覧下さい。

新板橋クリニック院長 清水公一

pagetopへ戻る

内視鏡検査概略要予約

食道・胃

食道・胃内視鏡検査は、患者さまに快適に検査をお受けいただくため、ご希望に応じて鎮静下無痛内視鏡検査を施行しています。「苦しいから内視鏡検査はしたくない」という方でも、安心して内視鏡検査をお受けいただけます。

また、胃もたれ、胃痛、食欲不振、食物のつかえ、吐血、下血など症状のある方では、受診当日に内視鏡検査を行っています。

NBI検査(特殊な光をあてて観察する検査)を行っているので、喉頭・咽頭がん、食道がん、胃がんの有無を詳細に観察します。萎縮性胃炎(荒れた汚い胃の状態)の程度を観察し、ヘリコバクターピロリ感染症がないかどうかを必ず確認しています。

大腸

大腸では、便潜血検査にて陽性反応が出た場合、あるいは血便や腹痛、便がでにくい、便がほそくなったなどの症状がある場合は、全大腸内視鏡検査を行なっています。ご希望に応じて、鎮静下無痛内視鏡検査を施行しております。ポリープなどがある場合は、日帰りにてポリープ切除を施行しています。

内視鏡検査室
▲内視鏡検査室

pagetopへ戻る

内視鏡検査数要予約

月別の上部内視鏡検査数と下部内視鏡検査数

新板橋クリニックでは開院以来、多くの患者様の内視鏡検査を行っています。上部内視鏡検査(咽頭・喉頭・食道・胃・十二指腸)と下部内視鏡検査(大腸)の月別の検査数は以下のグラフの通りです。
画像をクリックすると大きな画面でご覧になれます。

内視鏡検査数

pagetopへ戻る

大腸がんの予防と早期治療要予約

大腸について

大腸は、約1.5 mの長さがあり、小腸につながる結腸と肛門につながる直腸からなります。経口摂取した食物は、口のなかで咀嚼され、食道・胃を経由し、更にこまかく消化され分解されていきます。細かく消化・分解された食物は、小腸で大部分の栄養素が吸収され、大腸に送られていきます。大腸では、水分が吸収され便となって肛門から排出されます。腸は、小腸とつながる上行結腸、その先に横行結腸、下行結腸、S状結腸と続きます。肛門とつながる部位に直腸があります。

大腸がんは、日本人に増加傾向のがんです。年間の罹患数が1990年には6万人、1999年には9万人を超えました。男性も女性もほぼ同じ頻度で大腸がんにかかります。60歳代がピークで70歳代、50歳代と続きます。欧米と比べ、10歳ほど若い傾向があります。5~10%の頻度で30歳代、40歳代の若年者に発生し、若年者大腸がんは家族や血縁者の中に多発する傾向が認められることがあります。

大腸図

大腸がんの早期発見

初期の大腸がんは、多くの場合無症状であるため、40歳以上になったら、定期的な検査受けることで、初期の大腸がんをみつけることが必要です。

1.便潜血検査(Fecal occult blood test)

便中に含まれる微量な血液を検出する方法です。定期検査として簡便な方法であり、1年に1回検査を受けることが推奨されます。

2.全大腸内視鏡検査

肛門から挿入したスコープにより、直腸から盲腸までの全大腸を詳細に観察できる検査です。検査を受けている方が直接モニター画面を見ながら医師の説明を聞くこともできます。内視鏡検査は、微妙な色調の変化や、極めて小さなポリープまで発見することができる他に、ポリープの切除(内視鏡的ポリペクトミーや粘膜切除術)も可能であり、注腸検査より精度の高い有用な診断方法です。

また、一部細胞を採取して、顕微鏡検査でがんの確定診断を得ます。便潜血検査で陽性になった場合は、全大腸内視鏡検査を受けることが推奨されます。

大腸がんの早期治療

1年に1回、便潜血検査をお受けください。もし便潜血反応が陽性であった場合は、必ず全大腸内視鏡検査をお受け下さい。便潜血反応は早期の大腸がんを発見するための大事な検査です。

大腸がん定期検診のフローチャート

大腸がんのかたち

ポリープは、粘膜が隆起したもので、できた最初のころは腺腫と呼ばれ、良性腫瘍です。しかし、一部ががん化して大腸がんへと発育することがわかっており、特に大きいポリープはがん化の確率が高いこともわかっています。

大腸粘膜が直接がん化するものは、形が平らで窪んでおり、陥凹型を呈します。陥凹型のポリープは、5mm前後の小さなものでも進行がんになりやすいため、油断はできません。このようなポリープを発見するために、内視鏡検査は欠かせないものとなります。

大腸がんのかたち

内視鏡でできるポリープの手術

内視鏡検査は、微妙な色調の変化や、極めて小さなポリープまで発見することができる他に、ポリープの切除(内視鏡的ポリペクトミーや粘膜切除術)も可能であり、注腸検査より精度の高い有用な診断方法です。

また、一部細胞を採取して、顕微鏡検査でがんの確定診断を得ることもできます。まず、ポリープの下の粘膜に生理食塩水を注入し、ポリープを持ち上げます。次に、スネアというワイアーをかけて、締め付け、ポリープを切り取ります。切り取られたポリープは回収し、組織検査を行います。患者様にとって負担が少なく、日帰りで行うことができます。

内視鏡によるポリープの手術