新板橋クリニック|ホロトロピック・センター

Vol.1「健康とは?」

  1. ホーム
  2. ホロトロピック・センター「健康とは?」

ホロトロピック・センターとは?

ホロトロピック・ネットワーク 天外伺朗代表の言葉より

ほとんどの人にとって、「ホロトロピック」ということばはなじみがないと思います。
これはギリシャ語の「holos (全体)」と「trepein (向かって進む)」を合成したスタニスラフ・グロフ博士の造語で、「全体性に向かう」という意味を持たせています。

仏教でいう「悟り」に向うという意味でもあり、個が個を離れて、全体としてひとつの宇宙と融合し、一体感を増していくということから、人々の「意識の成長・進化」(魂の成長)をあらわしています。

じつは、多くの宗教や哲学の底流に、「永遠の哲学」と呼ばれている、共通の思想があります。その骨子は、人々の意識は成長・進化する方向性を具えており、「全体としてひとつの宇宙」とのつながりが強化され、融合に向っていく、というものです。

グロフ博士は、薬物を用いないで人々を変性意識へ導く方法論を探求しました。世界中の先住民のシャーマンの方法論などを研究し、十五年の歳月をかけて開発した方法論を「ホロトロピック・ブレス・ワーク」と名付けました。
この命名には、彼の方法論が単なる治療や癒しではなく、人々の「意識の成長・進化」を援助するものだ、という意味が込められています。つまり、宗教的な修行とまったく同じ方向性を示唆しているのです。

一方、精神的な病とその克服のプロセスが、人々の意識のレベルを一段階向上させるという可能性は、トランスパーソナル心理学のルーツであるユング心理学で、すでにいわれておりました。
東洋の知恵を目一杯取り込んだ深層心理学者のユングは、精神的な病とその克服のプロセスが、人々の意識のレベルを一段階向上させることを発見しています。これは、精神的な病に限らず、身体的な病気にも当てはまるということです。

人間という生き物にとって、ありとあらゆる出来事が、「意識の成長・進化」の大切なプロセスの一部であり、病気も例外でないのです。よく観察すると、病気という人生にとっての一大事を経験することが、意識の変容のきっかけになったケースが多々あります。

そこで、胎児のころから死にいたるまで、一生の間指導し、そして人々の「意識の成長・進化」を支援し、より豊かな人生へ導いてくれる施設の構想を立て、「ホロトロピック・センター」と名付け、提唱しました。この命名は、グロフ博士から心良い承諾をいただいております。

(ホロトロピック・ネットワーク代表 天外伺朗)

ホロトロピックネットワークについての詳細はこちらをご覧下さい。

新板橋クリニックのホロトロピック・センター

新板橋クリニックでは、次のような理念・目的をもち、天外伺朗の提唱するホロトロピック・センターに賛同し、法人会員として活動をしています。

pagetopへ戻る

健康の定義

「健康」とは?

健康とはどんな状態をいうのでしょうか?
世の中は、健康ブームです。健康になるためと称して、さまざまな健康グッズ、健康法、もの商品があふれています。健康になるための特効薬があるかのようです。

けれども、よく考えてみると、一つの疑問がわきあがります。健康とはどんな状態をいうのでしょうか?
実は、健康の定義がないのです。
健康とは何ですか?どんな状態ですか?と質問されても誰も答えられないのです。医者は健康とはどんな状態であると説明できないのです。ということは、病気とは何なのか?ということも知らないのです。わからないのです。

WHOでは、健康をこう定義しています。
「健康とは病気で無いとか弱っていないということでは無く、肉体的にも精神的にも社会的にも、すべてが満たされた状態である」。

WHOの健康の定義(図1)

わかったようでいてわかりません。
なぜならば、これは科学ではありません。哲学です。
西洋医学はそして医療は科学をベースにしています。目に見えるもの、観察できるもの、測定できるものを対象にして、原因と結果という因果関係を、再現性を持って明らかにすることが科学です。その科学を使って医療をします。
ところが、健康の定義は科学ではないのです。哲学なのです。矛盾しています。
だから健康とは何ですかと聞いても医者は答えられません。医学教育でも、健康とは、どういう状態であるとは教えません。

健康とはこうであるという明確な基準点が分からないのです。

健康と病気(図2)

そして、現在地もわからないのです。
基準点もわからなくて、現在地もわからなくて、どこに行ったらいいのでしょう?どこにつれていかれるのでしょうか?基準点がわからないのに、どうやって健康にもどるというのでしょう?
医者にはわからないのです。そして、誰にもわからないのです。

pagetopへ戻る

ホロトロピック・センターでは何をするのか?

ホロトロピック・センターの目的

ホロトロピック・センターは、「健康社会」を創っていくことを目的としています。
そして、健康社会を創っていく理論として、基準点(観点)をとりいれ、観点から人間のしくみ、細胞のしくみ、病のしくみを、新しく解析しなおしました(観術理論)。
そして、現代医療で捉えている人間や病から、観点をとりいれた観術理論で新しい人間や病の姿を明らかにして、健康社会を創っていこうとしています。

観点の健康

本当の健康とは?
それは、観点の健康です。

「観点」の健康は、植物に例えれば根っこの部分に当たります。
ですから観点に問題があれば、考えや感情、言葉、行動、人間関係、そしてビジョンや夢まで、すべてに問題が発生していきます。根っこが病気ならすべてが問題になってしまいますが、逆を言えば根っこが健康ならすべてが健康に変化してきます。

健康の出発は不健康状態を自覚すること。
健康な「観点」を手に入れてワクワク楽しい幸せで成功の人生を送るために、観点の問題を自覚することが大切です。(「観点」は違う表現で言えば、判断基準や基準点と言うこともできます。)

WHO(世界保健機構)が提唱する4つの健康を補う『観点の健康』とは(図3)あなたの「観点」健康ですか? NR JAPAN株式会社 より引用
http://www.nr-japan.co.jp/health-of-view/

ホロトロピックセンターでは、ミクロからマクロまでを大きく健康と捉えて、観点の健康から「健康社会」を創っていきます。

本サイトに掲載する文書・図版の複製、転載を禁じます。