新板橋クリニック|クリニックのご紹介
  1. ホーム
  2. クリニックのご紹介

院長 清水公一 ご挨拶・医療理念

院長 清水公一

平成18年4月1日東京都板橋区、都営地下鉄三田線新板橋駅より徒歩1分の場所に、新板橋クリニックを開設いたしました。それから10年がたちました。
今までの医療をふりかえりながら、新しい医療のあり方・方向性を考え、「ともにつくる健康社会」「心と体をひとに動かす健康のしくみ」「お互いを尊重する対人関係の構築」「健康のしくみと認識疾患」「リセット医療」をミッションとしてこれからの10年を歩もうとしています。
診療内容は大きな変更はありませんが、リセット医療センターを開設したことで、ミッションにむけた取り組みが、より大きくなってきたと思います。

消化器・胃腸科、外科を中心に、一般内科、肛門科を診療いたします。
生活習慣病(糖尿病、高血圧、高脂血症など)の診療を行い、身近なかかりつけ医(ホームドクター)として、また予防医学にも力を入れ、温かくわかり易い診療で近隣の皆さん方のお役に立てるように努力して参りたいと思っております。

がん治療(早期発見・診断、手術、化学療法、緩和医療)に長く従事していたことから、緩和ケアセンター・在宅医療センターを併設いたしました。

また人間ドック、消化器がん専門ドックなどにも力をいれております。

検査設備としては、上部内視鏡検査(咽頭・喉頭・食道・胃・十二指腸)及び下部内視鏡検査(大腸)(いわゆる胃カメラ・大腸カメラ)、レントゲン透視、超音波検査(エコー検査)、心電図等充実させております。

機能性消化管疾患(胃・食道逆流症、機能性胃腸症、過敏性腸症候群)が発症する「しくみ」を明らかにして、しくみに基づいて、患者さん自らが症状を改善して制御していく「自立」を目標とした専門治療をおこなう「リセット医療センター」を開設しました。
過去10年間の専門治療の経験を蓄積しながら複数の医師の体制で診療を開始しています。

また、本当の健康とは何か?なぜ?どのように病気が発生・顕在化してくるのか?に着目して、意識、認識、感情、緊張の蓄積といったストレスが、病気の顕在化につながることから、「認識疾患」という新しい概念を提唱しています。意識や心、認識や感情・緊張をリセットしていく「リセット医療」を診療に取り入れ、「認識疾患としくみから観る医療」の実現・普及に努めています。

上に記載した内容で、今後10年を診療してまいります。
全職員が誠心誠意努めてまいりたいと思います。安心して来院されてください。

新板橋クリニック院長 清水公一

医療理念

  • 医者と患者という人間同士が、健康・病気を相談しながら共同で診ていくことを目指します。
  • 人を思いやり、安心と満足をもたらし、心身共に幸せにできる医療を目指して行きたいと思っています。

pagetopへ戻る

新板橋クリニックの診療方針・努力指針

新板橋クリニックの治療方針は次の通りです。

来院される方に安心や満足をもたらすように、次のことを努力します。

pagetopへ戻る

医師の診察態度・職員憲法

私たちには、毎日自分たちに言い聞かせている言葉があります。

新板橋クリニックの医師は、次の自己点検を常に心がけています。

新板橋クリニックの職員は、次の自己点検を常に心がけています。

pagetopへ戻る

医療連携

都内有数の病院や専門医とネットワークがあり、それらへ紹介、医療連携を行えます。

単に紹介するのでなく、密接な連携を行えることが特徴です。

pagetopへ戻る

院長・スタッフ紹介

院長 清水公一(しみず こういち)紹介

新板橋クリニック院長 清水公一

主な経歴、専門分野

1966年山口県生まれ。千葉大学医学部卒。
1991年から消化器外科医師として、がん治療に携わる。
1997年から米国ミシガン大学腫瘍外科に留学。がん免疫療法を研究。
2000年に帰国。消化器外科医師として手術を行うかたわら、がん免疫療法の普及に努める。
2006年から現職。地域のかかりつけ医として「人を観る科」を標榜している。
総合診療、内科・消化器系疾患の診療、がんの化学療法、緩和ケア、漢方治療、高血圧・糖尿病などの専門治療、在宅診療や心のケアに取り組んでいる。
機能性消化管疾患(胃・食道逆流症、機能性胃腸症、過敏性腸症候群)が発症する「しくみ」を明らかにして、しくみに基づいて、患者さん自らが症状を改善して制御していく「自立」を目標とした専門治療をおこなっている。
また、本当の健康とは何か?なぜ?どのように病気が発生・顕在化してくるのか?に着目して、意識、認識、感情、緊張の蓄積といったストレスが、病気の顕在化につながることから、「認識疾患」という新しい概念を提唱している。
意識や心、認識や感情・緊張をリセットしていく「リセット医療」を診療に取り入れ、「認識疾患としくみから観る医療」の実現・普及に努めている。


主な資格・学会

日本外科学会、日本癌学会、日本癌治療学会、日本消化器病学会、日本消化器外科学会、日本緩和医療学会、日本臨床腫瘍学会、臨床外科学会、日本内視鏡学会、超音波医学会、日本バイオセラピィ学会、アメリカ臨床腫瘍学会、アメリカ癌学会

認定・専門医等

日本外科学会認定医、日本消化器外科学会認定医、消化器内視鏡学会専門医、日本癌治療学会がん治療認定医、日本緩和医療学会暫定指導医

プロフィール

1966年(昭和41年) 生まれ
1991年(平成3年) 千葉大学医学部卒業
1991年〜1997年 東京女子医科大学消化器病センター外科勤務
1997年~2000年 米国ミシガン大学腫瘍外科に留学、腫瘍免疫・癌集学的治療の研究に従事
2000年~2006年 東京女子医科大学消化器病センター外科助手として勤務
胃癌・大腸癌・肝胆膵系癌の化学療法、胃・大腸外科、肝臓外科を専門に手術・診療に従事
2001年~2006年 東京女子医科大学消化器病センター外科腫瘍免疫・癌免疫細胞療法チーム主任、臨床試験責任医師を兼任
2003年~2006年 東京女子医科大学緩和医療チームを兼任。癌性疼痛治療マニュアル作成委員
2006年4月 新板橋クリニック開院

pagetopへ戻る

医師 今井 健一郎 (いまい けんいちろう)紹介

今井先生

主な経歴


医師 畑地 健一郎 (はたじ けんいちろう)紹介

畑地先生

主な経歴


医師 長岡 美妃 (ながおか みき)紹介

長岡先生

東京女子医科大学卒業。同大学消化器病センター外科にてがん治療に従事。
国立国際医療センター、国立がんセンター緩和医療科に従事。
現代医療に携わりながら、病の根本原因、真の医療の在り方、さらには真の社会の在り方を追求している。二児の母である。
現在は、福岡の秋本病院にて緩和ケアセンター長として勤務。
著者【「真」の医療者を目指して】(よろず医療会ラダック基金)

主な経歴


医師 齋 真一 (さい しんいち)紹介

齋先生

「人はうまれながらに(自分の内側に)100人の名医をもつ」という、古代ギリシアの言葉があります。この100人の名医(無限の自己治癒力)が働きやすくなるためには、①安心 ②希望 ③環境がポイントだと考えています。診療では、これらを前提に、漢方や東洋医学の考え方を取り入れ、体質改善や予防に力をいれた医療を目指しています。一緒に健康の輪(和)を広げていきましょう!

主な経歴

医師 冲永功太(おきなが こうた)紹介

沖永先生

生活習慣病などを中心に地域のかかりつけ医であるように務めています。肛門疾患を含めて消化器系疾患全般にわたって対応しています。帝京大学病院とは強い連携を持っており、各科と協力体制をとっています。
 
※クリニックからのお知らせ
2017年12月末日をもちまして冲永功太医師の外来は終了させて頂きます。長い間、外来に通院してくださった患者様には深く御礼を申し上げます。 冲永医師からのご挨拶はこちらをご覧下さい。