新板橋クリニック|腫瘍センター
  1. ホーム
  2. 診療のご案内
  3. 腫瘍センター

院長 清水公一ご挨拶

ご挨拶

新板橋クリニック 院長清水公一新板橋クリニックの腫瘍センターは、食道がん・胃がん・大腸がん・すい臓がん・胆道がん、肝臓がん、GIST(消化管間葉系腫瘍)などの消化器系悪性腫瘍の総合的治療を行うことを目的としています。

手術後の再発予防を目的とした補助療法、手術不能進行がんの進行抑制治療、再発時の進行抑制治療、治療中のさまざまな症状に対する治療、緩和医療、疼痛治療など、がんに関わるさまざまな治療を外来にて行います。また、必要に応じて連携医療機関に入院できる体制を整えています。

消化器系がんでは、腹部の触診はきわめて重要です。体を触って診察したり、体調や生活スタイルをこまかく伺うことで、がんの状況がわかります。決して採血や画像検査のみで、体の中のがんの状態がわかるわけではありません。がんの状況を判断する上で、体調9割、検査1割程度の比重で、がんの状況を把握し診療をすることが必要となってきます。
豊富な経験をもとに、近年ご要望の多いセカンドオピニオン等のがん医療相談も予約制で行っておりますのでご相談ください。

新板橋クリニック院長 清水公一

pagetopへ戻る

新板橋クリニックの腫瘍センターとは要予約

がん治療専門外来

従来型のがん治療は、地域のがん治療専門病院あるいは、やや遠方のがん治療専門病院で、手術やその他のがん治療を受け、終末期には近隣の病院にて緩和医療を受けるか、在宅医療を選択する専門病院中心型のぶつぎり型がん治療が主流でした。これが、がん難民を生む原因にもなっていました。

今後は、がん治療を専門に行える地域密着型のクリニックが中核として存在し、がんのスクリーニングのための専門検査・診断を行い、がん専門病院へ紹介し、一次治療(手術治療や放射線治療など)が終了後は、がん治療専門クリニックに逆紹介を受け、クリニックで手術後のフォローアップや手術後補助化学療法を行える体制が必要です。

また、再発時の二次治療(放射線照射や再手術など)は、再び専門病院への紹介、再発時の化学療法は専門クリニックでの外来化学療法として行われる体制が必要です。

終末期へ移行する際は、地域の連携病院にて緩和医療の継続を依頼する場合や、専門クリニックでの二次治療からそのまま在宅診療へ移行する体制が必要です。

地域の「がん専門クリニック中心型」の治療ネットワークを構築することが、よりよいがん治療には有効と考えられます。

「がん専門クリニック中心型」の治療ネットワーク

積み木型医療

そこで、新板橋クリニックでは、がん自体への専門治療や、症状緩和医療、患者様やご家族の方への精神的ケアを含めた、積み木型医療を行うことを目標としています。

新板橋クリニックの腫瘍センターでは、胃がん・大腸がん・すい臓がん・胆道がん・食道がん・肝臓がんなどの消化器系がんに特化して、手術後の補助化学療法や再発後の外来化学療法を行っています。

病態の変化によっては、連携病院に入院・治療を依頼したり、専門病院にて放射線療法などの治療を依頼しています。

外来化学療法や症状緩和医療を行っていて、終末期に在宅診療に移行し、看取りをした患者様も増えてきました。

緩和ケアの詳細については新板橋クリニックの「緩和ケアセンター」をご覧ください。

積み木型がん治療

がん治療専門医師としての診療方針

新板橋クリニックの腫瘍センターの治療方針は以下の通りです。

総合的がん治療の取り組み

新板橋クリニックの腫瘍センターでは、次のようにがん治療に取り組んでいます。

ミッション
(目標)
患者様やご家族様が「満足」「安心」して、がん治療・化学療法を地域で受けられること。
能力

医師・看護師・事務職員、院外薬局が連携して、次のことができるようにしています。

  • 化学療法の知識(治療のやり方、薬剤、副作用についてなど)
  • 装置の知識・技術(ポート・点滴・ポンプ・ライン確保など)
  • 薬剤調整、薬剤の知識、服薬指導
行動

医師・看護師・事務職員、院外薬局が連携して、次のことを実践しています。

  • 外来診察・訪問診察 ケア(身体的ケア、精神的ケア、スピリチュアルケアなど)
  • 副作用マネージメント(24時間電話体制、体調不良時の外来診察・訪問診療など)
  • コミュニケーション(対人援助理論に基づき)
  • 職種間の情報の共有化(院内ケアカンファレンス・電子カルテなど)
  • 病院・診療所間の情報共有
環境

院内環境を次のように整備しています。

  • 化学療法室
  • 予約外来の設置・混雑の緩和、待ち時間の短縮
  • 癒しの環境(五感を癒す)

病院と地域・地域クリニックの連携の促進

術後補助化学療法クリニカルパス

東京都では5大がん(胃がん、大腸がん、肝臓がん、乳がん、前立腺がん)において、クリニカルパスを使用して、病院と地域開業医の連携を開始することになりました。

新板橋クリニックの腫瘍センターでは、クリニカルパスを使用して、術後補助化学療法を行うがん地域拠点クリニックとして活動していきます。

手術不能・再発がんの専門病院との連携

手術不能あるいは再発がんでは、外来化学療法が、がん専門病院で行われています。しかし、副作用出現時は、患者様やご家族様は遠方のがん専門病院に、副作用がありながら通院する負担を強いられています。

新板橋クリニックの腫瘍センターでは、地域の患者様に、副作用出現時の支持療法を行って、身体的苦痛を軽減するケアを行っています。

副作用の出現状況を、専門病院医師と連絡を取り合うことで、患者様・ご家族様、新板橋クリニック腫瘍センター、専門病院間で情報の共有をすることができ、「安心」「満足」したがん治療を受けることができます。

手術不能・再発がんの地域での外来化学療法

遠方のがん専門病院で、外来化学療法を受けずに、自宅近くの新板橋クリニック腫瘍センターにて、同様の化学療法を受けることができます。

定期的に専門病院医師に受診することで、治療効果の確認を受けながら、治療を継続することができます。

pagetopへ戻る

化学療法を含む集学的治療を行っている疾患

化学療法を含む集学的治療を行っている疾患は以下の通りです。

pagetopへ戻る

連携医療機関

連携医療機関は以下の通りです。

pagetopへ戻る

化学療法について

化学療法について詳細をしりたい方は、 がん治療ナビを参照ください。